検索
  • career02

転職時期

在職中の応募者にほぼ間違いなく質問される転職時期ですが、指定がなければできる限り早く入社することが採用のポイントになります。 待ってもらっても通常3ヶ月が限度であり、3ヶ月では遅いと捉える企業もあります。 転職は、欠員や増員の募集が多いため、在職中の応募者であれば1ヵ月程度で転職できるのが理想です。 現職の仕事の関係で転職時期がかなり先になる場合は、欲しい人材だと思わせたうえで確実に転職する意志を言葉で伝えます。 離職中であれば、すぐに転職できるということを伝えなければ、さらに転職活動を継続する応募者だと捉えられます。 企業は内定辞退を嫌います。 優秀な応募者でも、転職するかどうかわからない応募者であれば採用したいとは思いません。 採用担当者は、自社に転職する意志を転職時期から確認をしています。




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示