検索

40代以降の転職

40代以降の転職で押さえておきたいポイントは、これまでやってきたことを伝えるのではなく、求められている人材を見極めたうえで、即戦力として貢献できることをこれまでの経験を裏付けとして伝える必要があります。

職務経験が長い方は、豊富な経験をアピールしたいと考えるかもしれませんが、応募企業で生かせない経験であれば逆にマイナスになることがあります。

転職市場は、職種で募集するジョブ型雇用が主流ですので、求めている職務についての能力を見極めているのです。

求められている職務を見極めたうえで、関連する経験や強調しそうでない部分は簡潔もしくは割愛して職務経歴書を作成してください。

求められている人材を想定したうえで、発揮できる能力と関連する職務経験をしっかり伝えてください。


42歳から始めるセカンドキャリア構築術




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示