検索
  • career02

40代からの転職

40代以降の転職の実情は、他の応募者にはない秀でた職務能力があり、企業が求めているものと合致しなければ厳しいものがあります。

書類選考が通らない、面接でいつも不採用になるという声を聞きますが、若年層の応募者と同様の職務能力ならば通常年齢が若い応募者を採用します。

中小企業などに対して求められている職務能力に加えて、これまでの豊富な経験から応募企業が欲しがる職務能力をアピールをして採用に繋がるケースがあります。

また営業職などで、応募企業が欲しい人脈を持っている場合も、企業にとって欲しい人材になります。

40代以降だけではありませんが、採用担当者が欲しい人材は、自社が求めている人材として活躍できる応募者なのです。

42歳からは始めるセカンドキャリア構築術を読んでてみてください。




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示