top of page
検索
  • career02

面談と面接の違い

転職で会社説明会をおこなう企業は多くありませんが、面接前に配属予定部署の社員などと、面談をおこなう企業はあります。

面談は、求職者が配属予定部署の社員と話をすることで、仕事内容や社風などを直接確認できる絶好の機会です。面談では、応募者もまだ応募しているわけではなく、面談後に応募の有無を問われることが多いでしょう。

面談が採否に影響が全くないわけではないですが、面談はあくまでも企業説明会の位置付けです。入社後のミスマッチングを防ぐうえで、求職者だけでなく企業側にもメリットがあります。

面談は、求職者に自社を理解してもらう場であり、面接は、企業が採否をジャッジする場です。

面談をおこなっていない企業に、面接前の面談を希望するのは難しいですが、面談をおこなっていない企業であれば、内定後に配属部署の社員と話ができないかお願いしてみることはできます。

転職は、これまでの経験を活かして活躍できる企業かどうか見極めることが大切です。


転職 面接官の視点 (2023年6月8日発売〉

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page