検索
  • career02

面接で緊張して回答できないとき

面接で緊張してしまい回答できないとき、無言の時間が長くなってしまうと面接官は次の質問をしてしまいます。

どうしても回答できない場合は、「申し訳ありません。少し緊張しています」と謝罪すると、無言の時間を払拭できるだけでなく気持ちが楽になります。

「申し訳ありません。少し考える時間をいただけますか」と言って時間を引き延ばす方法もありますが、考える時間が長すぎると面接官は次の質問をしてしまうから注意してください。待ってもらっても30秒位だと考えてください。

面接で緊張する理由の一つとして、良く見せなければいけないと構えてしまうことが考えられますが、良く見せようなどと思わず、伝えるべきおことを伝えるという姿勢で臨むといいでしょう。

面接官は黙つてしまい回答できなければ、採否の判断ができず結果採用に繋がりません。

緊張するなと言っても緊張してしまうものですが、成るようになるさと開き直って面接に臨むことで緊張は和らぎます。


転職活動100問100答


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示