検索
  • career02

過去は変えられないが伝え方は変えられる

採用担当者は、自社が求めている人材とのマッチングを見極めています。 採用されるためには、企業が求めている人材を想定したうえで、過去の経験をベースにマッチングすることを伝えてください。 過去は変えられませんが、伝え方は変えられます。 ただ経歴を羅列するだけではなく、応募企業で生かせる経験を強調して伝えることが大切です。 僅かな経験でもできると自信があるならば、経験期間に捉われず積極的にアピールしてください。 未経験であっても、応募企業で生かせる汎用できる経験を伝えてください。 採用担当者は、何をやってきたかではなく、何ができるかを知りたいのです。 やってきたことは、できることの信憑性を示す材料と考えてくえださい。 amazon Kindleから 「転職はプレゼン力で決まる」 「 転職面接NG&OK回答」 に続き  「採用に繋がる職務経歴書&履歴書の書き方」を出しました。 転職活動中の方にぜひ読んでいただきた書籍です。 amazon kindleでしたら、無料で読めます。



0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示