検索
  • career02

逆質問について

転職面接後半に面接官から「何か質問は?」と問われることがありますが、仕事内容や会社概要について説明があり特に質問がなければ、無理やり質問をする必要はありません。

但し「ありません」と一言で終わらせれば、入社意欲がないと判断される可能性があります。

「本日ご説明いただきましたので、特にございません。お話をお聞きしてより入社意欲が高まりました」と回答すれば、説明が良かったからより入社意欲が高まったと伝えることができます。

質問をする場合でも、できる限り仕事に関する質問をすべきです。

労働条件や待遇面に固執した質問ですと、それしか興味がないと思われてしまうかもしれません。

労働条件や待遇面の質問をする場合は、仕事に関する質問をしたうで、おこなうといいでしょう。

すでに説明をした内容や求人情報に書かれている内容について質問をすれば、理解力がないと考える面接官もいますので、公開されている情報ではわからに質問をしてください。

「第二新卒の転職成功ルール」を執筆しました。

第二新卒者として転職を考えている方、ぜひ読んでみてください。




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示