検索
  • career02

逆質問について

転職面接後半に「何か質問がありますか?」と問われることがありますが、原則として仕事内容に関する質問をおこなってください。

待遇面や労働条件に固執した質問ですと、仕事に対して興味がないと受け取られる可能性があります。

面接時に仕事内容や企業概要について説明を受けて質問がないならば、特に質問をおこなう必要はありませんが、「ありません」と一言で回答すると、入社意欲が疑われます。「本日十分ご説明いただきましたので、特にございません。お話をお聞きしてより入社意欲が高まりました。」と回答すれば、無理やり質問をする必要はありません。

意欲を示そうと考え多くの質問をおこなう応募者がいますが、面接は企業説明会と異なりますので、質問が多いと面接の本質を理解していないと考える面接官もいます。面接官の表情など見極めながら通常は2つ程度に留めてください。

逆質問は面接後半でおこなわれることが多いため、面接官の印象が残ります。

【逆質問の対応について】

・原則として仕事内容に関する質問をおこなう

・待遇や労働条件に固執した質問は控える

・面接官が回答できる質問をおこなう

・説明を受けているならば、特になく説明を聞き入社意欲が高まったと回答して問題ない




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示