検索
  • career02

退職理由を突っ込まれたら

退職理由は人間関係や労働環境を理由にせず、できれば前職でできず叶えたいことの実現といった前向きな退職理由を考えてください。

「本当は違うでしょう?」と問われても、叶えたいことを実現したいという気持ちになりきって、回答を貫いてください。

「実は違います」という回答であれば、最初から叶えたいことなど伝えるべきではありません。

退職理由が違うと突っ込んでくる場合、応募企業で発揮できる職務能力がアピールできていない可能性があります。

職務能力に魅力を感じていないため、不採用の要因を探しているのです。

職務能力を積極的にアピールしても、過去ばかり気にする企業であれば、転職すべき企業ではないかもしれません。

このような企業は、仕事で失敗をしたら二度と立ち直れない可能性があります。


応募企業で実現できる叶えたいことを、退職理由として真摯に回答してください。


転職はプレゼン力で決まる


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示