検索
  • career02

退職理由を気にしない

退職理由を必要以上に気にしないでください。

自己都合による退職であれば、嫌だからという理由をやりたいことの実現に置き換えてください。

人間関係や労働環境が本当の理由であっても、採用担当者の理解を得られない可能性があります。

会社批判と受け取られると、自社でも同様の問題が起きると考える採用担当者もいます。

嫌な理由を告げずに、応募企業で実現したいことを退職理由にすれば、前向きな退職理由になります。

面接官から「本当は違うでしょう」と突っ込まれても、動揺せず意志を貫いてください。

短期間で辞める場合は、事前の話と違っていたなど本当の理由を伝え必要がありますが、この場合も会社批判にならないように「きちんと確認をしなかったことは反省しているが・・・」と謙虚な姿勢で伝えてください。


転職面接NG&OK回答




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示