検索
  • career02

退職理由で注意すること

前職の労働環境が劣悪だったから辞めたというのが本音であっても、そのまま伝えると会社批判として受け取られて、自社でも同じような不満を持つのではと思われることがあります。

自己都合の退職であれば、採用でネガティブな印象を与えるような本心を伝える必要はありません。

理解して欲しいという気持ちが強いと感情的になってしまうケースがあります。

退職理由は、嫌だったという理由を叶えたいことに転換してみてください。

同じ理由でも伝え方で受け取り方が変わります。

例えば正当な評価をしない企業だったという理由をそのまま伝えるのではなく、実績をより重視する企業で働きたいと伝えることで、ポジティブな退職理由になります。

給与が低いから辞めた場合でも、実績を正当に評価する企業で働きたいと置き変えることが可能です。

会社都合の退職では事実を簡潔に伝えたうえで、気持ちを切り替え叶えたいことを実現したいなど前向きな気持ちを伝えてください。

退職理由は、時間をかけずにさらっと伝えることがポイントです。

退職理由で注意すること

・会社批判に繋がる理由を退職理由にしない

・会社都合でも気持ちを引きずらない

・嫌だからという理由を叶えたいに置き変える

・面接では簡潔かつ感情的にならずに回答する


職務経歴書&履歴書の書き方


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示