検索
  • career02

退職理由で悩まない

退職理由が採用に影響を与えないかと悩んでいる方がいますが、退職理由であまり悩まないでください。

自己都合の退職であれば、労働環境や人間関係が辞めた本当の理由であっても、そのまま伝える必要はありません。

労働環境が理由ですと、採用担当者のなかには会社批判と受け取ることがありますし、人間関係がうまくいかなかったという理由は、自社でも同様の問題が起きないかと考えます。

嫌だという理由を、叶えたいことに転換してください。

事実を伝えて採用に繋がらないならば、応募企業で実現できる叶えたいことを退職理由にして問題ありません。

業績不振などの会社都合の退職は事実を簡潔に伝えたうえで、やりたいことやできることを応募企業で実現したいと伝えてください。

退職理由であまり悩まず、さらっと伝えれば問題ありません。

面接で退職理由について突っ込まれる場合、回答時の表情で疑問を感じているか、応募企業で発揮できる能力がアピールできていない可能性があります。


積極的にアピールをしても必要以上に退職理由について問われる場合は、過去ばかり気にする合わない企業だと捉えてもいいかもしれません。


転職面接NG&OK回答




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示