検索
  • career02

退職を引き止められたときの対応

退職願や退職届を出しても受理されず、引き止められることがあります。

上司から高く評価していた、昇格、昇格を考えていたなど告げられて引き止められることがありますが、原則として辞める意志を貫くべきです。

昇給や昇格を考えているならば、なぜ退職願を出す前に伝えなかったのでしょうか?

辞めたい理由が明らかに解決できるならば、辞めないという選択もありますが、解決できるかもしれない程度であれば、退職を選択したほうがいいかもしれません。

退職者が出ると上司の管理能力の評価に影響が出ると考えて、上司が引き止めることがあります。

曖昧な対応をしていると、上司は引き止めに成功したと勘違いします。

退職を告げるまではじっくり考えるべきですが、退職願や退職届を出したならば、きちんと意志を伝えるべきです。

引き止めに気持ちが動いて退職を撤回することも可能ですが、一度辞めると申し出た社員と捉えられるリスクもあります。

退職願は退職の意志を願い出る意味合いが強く退職を撤回することが可能ですが、退職届は受理されれば原則として撤回できませんので、意志が固く指定がなければ退職届を提出するといいでしょう。

退職を引き止められたときの対応

・原則として辞める意志を貫く

・辞めたい理由が解決できる場合は検討する

・退職を撤回したと誤解されるので、曖昧な言動で上司と接しない

・退職を撤回しても退職を申し出た社員というレッテルを貼られる可能性がある

YouTube 未経験者の転職 3つの視点を理解すると上手くいく


仕事と転職がうまくいくポジティブ思考の考え方


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示