検索
  • career02

転職の逆質問

面接で「何か質問がありますか?」と問われることがありますが、面接で仕事内容や会社の概要について説明を受けて、特に質問がなければ無理やり質問をおこなわなくても構いません。但し「ありません」と一言で終わらせれば、入社意欲に欠けると受け取られる可能性がありますので、「本日十分ご説明いただきましたので、特にございません。お話をお聞きして、より一層入社意欲が高まりました」と回答してください。 待遇面の質問について、「いくらもらえますかとダイレクトに質問をすれば、待遇面にしか興味を持っていない応募者だと判断される可能性がありますので、「私の力を見ていただき判断すべきなのでしょうが、生活もありますので、年収についてお聞かせいただけますと幸いです」と、謙虚な姿勢を示して確認をしてください。この質問から「希望年収はと逆に問われて、低めの年収を回答して内定後に交渉をすることは、原則避けるべきです。希望年収を回答するならば、内定後に変わらない年収を回答すべきです。 年収について面接で話題に出なければ、企業によっては内定後の交渉が可能になります。 逆質問は、原則として仕事に関する質問をおこない、仕事に就きたい熱意を示してください。



1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示