検索
  • career02

転職の退職理由

転職で問われる退職理由ですが、自己都合の対象であれば、嫌だからという理由をやりたいことの実現に置き換えてみてください。 労働環境や待遇面が嫌だという理由を伝えても、採用担当者は自社でも同様の問題が起きると考える可能性があります。 本心を伝える必要はなく、条件面で納得しないならば条件が合う企業へ転職すればいいだけです。 やりたいことやできることの実現という理由では、応募企業で実現できることが前提になります。 応募企業で実現できないやりたいことを伝えれば、せっかく採用に傾いていても採用には繋がりません。 会社都合の退職では事実を簡潔に伝えたうえで、自己都合と同様に応募企業でやりたいこと、できることを実現したいという理由を考えてください。 退職理由は、採用担当者にわかってもらいたい気持ちが強すぎると、逆にわかってもらえない可能性があります。 退職理由は、さらっと回答することがポイントです。 採用担当者が退職理由いこだわるときは、応募企業で発揮できる能力がうまく伝わっていないのかもしれません。 退職理由は、やりたいこと、できることの実現といった前向きな理由を伝えてください。



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示