top of page
検索
  • career02

転職の自己PRについて

自己PRとしてアピールするものがないと悩んでいる方がいますが、転職の自己PRは応募企業で何ができるか伝えることだと考れば、伝えるべきことが見えてきます。

転職の自己PRは、これまでの職務経験をベースに応募企業で発揮できる職務能力と関連する経験を伝えてください。

応募企業で発揮できる職務能力と経験を伝えるためには、求人情報の求める人材や対象となる方などから、企業が求めている職務や経験を読み取ることが大切です。

求められている人材として発揮できる職務能力と経験を、箇条書きで書き出してください。

書き出した職務能力と経験が、転職の自己PRになります。

採用担当者が最も知りたいことは、求める人材としてのマッチングですので、自己PRはとても重要なアピール材料になります。

関連する経験が全くないようですと、合わない企業かもしれません。

応募企業で能力を発揮できると思うならば、経験期間が短くても強調したアピールをして問題ありません。

求めている人材について「あまり経験がないのですが・・・」というようでは、採用に繋がらない可能性があります。

できるか、できないか自問自答して、できるならば積極的にアピールすべきです。

YouTube 転職成功に繋がる自己分析


転職はプレゼン力で決まる


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page