検索
  • career02

言葉のキャッチボール

転職面接は、一部の企業を除き個別面接がおこなわれます。

個別面接では、回答に興味を持ってもらいもっと聞きたいと思わせるために、長々と回答せず面接官により興味を持ってもらうキーワードを投げかけてください。

キーワードは、応募企業で生かせる具体的な経験や職務能力です。

関連しない経験を伝えても、面接官は興味を持ちません。

予め求められている経験や職務を見極めたうえで、関連するものを回答してください。

長々と回答すると、次の質問に移ってしまう可能性があります。

もっと詳しく聞きたいと思わせるためには、原則として1つの質問に対して長くても1分程度に収めてください。

面接官にもっと詳しく聞きたいと思わせた状況で、質問と回答のやりとりをおこなう言葉のキャッチボールが、採用に繋がるポイントなのです。


転職面接NG&OK回答




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示