検索
  • career02

自己PRで注意すること

採用担当者は、自己PRから自社が求める人材として何ができるかを見極めています。

特に経験豊富な応募者が注意したいのは、表彰や成果のみの自己PRをおこなわないことです。

表彰されたことだけ聞かされても、求める人材としてのマッチングは見極められません。

だったら辞めなければいいのにと考える採用担当者もいますし、自慢話のように受け取られることもあります。

何をしたから表彰されたのか。どのようにして成果を上げたのか、採用担当者は自社で活用できるプロセスを知りたいのです。

生かせる職務能力をアピールしたうえで、信憑性を示すうえでの表彰歴や成果は問題ありません。

自己PRは、求める人材を見極めたうえで、発揮できる職務能力と経験を具体的に伝えてください。

YouTube 転職面接前に押さえておく3つのこと


転職面接NG&OK回答



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示