検索
  • career02

経験期間ではなく、できるかできないかが問われている

経験期間が短いから転職が難しいと考える方がいますが、募集要項に経験期間の条件が記載されていないならば、できるか、できないかが問われています。

できないことをできるとアピールするのは問題ですが、短い経験期間でもできるという自信があるならば、短い経験期間を強調して職務経歴書に記載し、面接でアピールしてください。

採用担当者は、やってきたことを知りたいのではなく、自社が求める人材としてできることを知りたいのです。これまでの経歴は、できることの信憑性を示す材料だと考えれば、経験期間を問わずできることに関連する職務経験を強調して、求める人材として発揮できる能力を具体的に記載してください。




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示