検索
  • career02

短期間の職務経歴について

短期間で退職した企業について、職務経歴書に書く、書かないは自由ですが、面接でブランク期間について問われて偽りの回答をすれば、職歴の詐称に該当する可能性があります。 面接で、「短期間の勤務であったため記載していませんが・・・」と回答する方法もありますが、問われた後に伝えることは印象を悪くする可能性がありますので、短期間で辞めた企業の前の企業の職務内容欄末尾に【退職後について】といった見出しを付けて、簡潔に記載することを検討してください。 職務経歴として記載するのではなく、退職後についてと記載することで目立ちませんし、転職回数が払拭できます。 転職回数や短期間で辞めたことを必要以上に気にしないでください。 大切なことは、応募企業で発揮できる能力を明確に伝えて、欲しい人材だと思わせることです。 欲しい人材であれば、転職回数や短期間で辞めたことなど気にしません。




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示