検索
  • career02

短期間で辞めたいとき

就職や転職をして、自分に合わない企業だと感じて辞めたくなることがあります。

周囲に相談できる相手がいないため、一人で悩んでいるケースもあります。

仮に相談をしても、最低3年勤務しなければ転職できなと言われるかもしれません。

短期間でも転職することは可能です。

転職で求められている人材として、できることを積極的にアピールしてください。

3年勤務すれば転職できるわけではありません。

採用担当者のなかには、合わない企業でなぜ3年間仕事をしていたのかと考えることもあります。

できれば在職中に転職活動をおこなってください。

但し仕事を継続することが苦痛ならば、無理をせず辞めてからでも問題ありません。

複数の企業を経験している場合は、一つの企業として記載せず前職の末尾に【退職後について】などの見出しをつけて、勤務したことを簡潔に記載する方法もあります。退職理由は、思っている仕事と違いやりたいことを実現したいためなど、前向きな理由を伝えるといいでしょう。


繰り返しになりますが、短期間で辞めたことより応募企業で何ができるかが採否のポイントになります。

短期間で辞めるときのポイント

・合わなければすぐに転職活動をスタートする

・応募企業でできることを積極的に伝える

・会社批判をせずやりたいことの実現を退職理由で検討する

・仕事の継続が難しければ無理をせず退職する

YouTube「転職がうまくいかない3つの要因と解決策」


第二新卒の転職成功ルール


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示