検索
  • career02

短期間で転職

就職や転職した企業を短期間で辞めると転職できないと、心配される方がいますが、無理やり在籍していてもいいことはありません。 短期間で辞めても転職などできないと語る人がいますが、3年勤務したら大丈夫というわけではありません。3年でも短いと受け取る企業もあります。ですから嫌な仕事を我慢をして続けることはお勧めしません。 転職では在籍期間以上に自社が求めている人材とのマッチングを重視します。 この点がブレていなければ、在籍期間はそれほど気にしません。 前職で仕事をすることで、本当にやりたいことが見えてきた、あるいは前職の仕事が思うような仕事と違ったなど、きちんと伝えたうえで応募企業の仕事がまさに就きたい仕事だと伝えてください。 さらに前職の経験を通じて、より応募職種に適性を感じたなど、職務能力をアピールすることもできます。 短期間で辞める場合、すぐに転職先企業が決まらない可能性がありますので、できる限り在職中に転職活動をおこなうといいでしょう。 短期間の在籍期間でも応募企業で汎用できるスキルや経験をアピールしてください。さらに就きたい職種への自己啓発も有効なアピール材料になります。 短期間で辞めたいと考えている方は、悩んでいるだけでなく一歩踏み出し転職活動をスタートしてください。



0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示