検索
  • career02

気持ちを切り替える

リストラや不本意な退職で転職活動を行う場合、気持ちを引きずらず切り替えて臨んでください。 応募企業にとって、前職の状況はそれほど興味のある内容ではありません。 退職は本意でなかったことをわかって欲しいと力説しても、転職ではプラズにはなりません。 会社批判と受け取られることもありますので、あくまでもきっかけであり転職してやりたいことを実現したいなど、意欲のある転職活動をおこなうべきです。 「本当は辞めたくなかった」という気持ちですと、応募企業に転職したい熱意が伝わりません。 思いもよらないことが起こることがありますが、経験を糧にして今後に繋げることが大切です。



0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示