検索
  • career02

新卒で就職した企業を1年以内で辞める場合

新卒で就職した企業を1年以内で辞めたい場合、できれば在職中に転職活動をおこなうべきですが、労働環境などが酷くて継続が難しければ、メンタルがやられる前に退職すべきでしょう。

25歳未満、就業3年未満の転職を通常第二新卒と呼んでいますが、第二新卒に捉われず求人情報をチェックし興味がある企業であれば積極的に応募してください。

新卒で愁傷した企業を経験することで、やりたいことが明確になり応募企業で実現できるといったストーリーを伝えてください。

勤めた企業が嫌だからではなく、叶えたいことの実現という退職理由を考えてください。

仕事内容が入社前の説明と違っていて辞めたい場合は、事前にきちんと確認をしなかったことを反省しているなどの文言を添えて、謙虚な姿勢で考えていた仕事と違うことを伝えます。

1年以内に辞めて大丈夫かと問われれば、転職は可能です。

但し中途採用は未経験の職種でも短期間で戦力になることを求める企業が多いので、必要な知識を自己啓発するくらいの意欲が大切です。


YouTube 短期間で辞めても採用に繋がる方法


第二新卒の転職成功ルール


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示