検索
  • career02

年齢が高い求職者の転職

年齢が高い求職者の転職で大切なことは、応募企業が求めている人材を見極めて、そこに特化したアピールをしてください。 豊富な経験全てを伝えようとすると、求めている人材とのマッチングが弱いと採用担当者が判断するケースがあります。 これまでの経歴を羅列するだけでは、求められている職務についてアピールが弱くなってしまいます。 何を伝えるべきか考えたうえで、職務経歴書を作成してください。 求められている職務だけでなく、応募企業が欲しがる経験だと想定できれば、プラスアルファのウリとして伝えます。 採用担当者の視点で考えてみてください。 若年層と同様のスキルや経験であれば、企業は若年層を採用します。 若年層の求職者にはない企業にとってのメリットを考えてみる必要があります。 年齢が高い求職者には、豊富な経験に伴う高いスキル、企業が欲しがる人脈、応募企業が抱える問題点の改善などが求められているかもしれません。 何をやってきたかではなく、転職では何ができるかが大切です。 ヤドケンの転職応援します(YouTube)の今回のテーマは、「年齢が高い求職者の転職ポイント」です。 こちらも参考にしてください。



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示