検索
  • career02

年収をアップしたいとき

更新日:11月16日

転職をして年収アップしたい場合、企業のニーズにどれだけ応えられるかがポイントになります。

現職や前職の年収は積み上げてきたものであり、転職後の初任給が下がることも多くあります。

転職の年収は企業側のニーズと応募者数で決まることが多いので、企業のニーズが多くあるにも関わらず該当する人が少なければ、企業は高い年収でも採用したいと考えます。

大手企業であれば豊富な人材がいるため難しい場合でも、中小企業であればどうしても欲しいと考えるケースは多くあります。

企業規模にこだわらず、これまでの経験や職務能力を高く評価する企業を見つけることで、年収アップが可能になります。

また営業職などで実績によりインセンティブの幅が大きい企業であれば、実績を構築することで年収がアップします。

転職は、学歴や在籍した企業名より企業が求める人材として何ができるかが評価されます。

求める人材として優れた職務能力をアピールして、どうしても採用したいと思わせることが大切です。

YouTube 短期間で辞めても採用に繋がる方法


転職はプレゼン力で決まる


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示