検索
  • career02

就社ではなく就職と捉える

転職は企業に就社するという考え方ではなく、企業が求めている職務を遂行するために就職するという捉え方をしてみてください。 新卒の就職活動では、入社後配属先が決まるパーソナル型雇用ですが、転職で募集する多くの企業は、職種で募集をするジョブ型雇用です。 転職では、それぞれの企業で求める職務、経験が異なり、求められている人材として何ができるかが問われています。 何をやってきたかは、応募企業でできることの信憑性を示すものです。 この点からも、やってきたことだけ伝えるのではなく、応募企業で発揮できる能力を伝えることが重要なのです。 就社から就職という捉え方で、転職活動をおこなってください。




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示