検索
  • career02

圧迫面接について

面接官が厳しい態度で転職回数が多い、ブランク期間が長いなどと厳しい指摘をおこなう圧迫面接ですが、あまりにも理不尽な指摘や質問であれば、転職前にわかってよかったと考えて面接を辞退してください。

圧迫面接の目的の一つとしてストレス耐性を見極めていることがありますが、ストレスを抱えながらおこなわなければいけない仕事であれば、転職すべきか考えてみるべきです。

また別の目的として、応募者の回答が曖昧で本質が見えないため厳しい指摘をおこなうケースがあります。

採用したいと考え確認をしておきたいため、面接官は圧迫面接と考えず指摘や質問をおこなうことがあります。この場合は、面接官の力量が低いと考えて対応する必要があります。

圧迫面接の回答は、「確かにそう思われるかもしれませんが・・・」と面接官の指摘を肯定したうえで考えをきちんと伝えてください。


転職面接NG&OK回答




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示