検索
  • career02

圧迫面接について

転職面接で、前職の在籍期間、転職回数、ブランク期間などについて、厳しい指摘(圧迫面接)を受けることがあります。

厳しい指摘をされたとき、表情を変えずに冷静に対応する必要があります。

原則として、面接官の指摘を肯定したうえで、自分の考えを伝えます。

「転職回数が多いね。」と言われたら、「確かにそう思われるかもしれませんが、・・・」というようにYes,Butで回答することで、面接官の心象を害さず対応できます。いきなり「そんなことはありません!」と回答すれば、面接官の指摘を否定したと捉えられて採否に影響する可能性があります。

採用する方向で考えているため、厳しい指摘をして確認をしていると考えれば、冷静に対応できます。

但し、あまりにも理不尽な指摘や言動であれば、転職すべき企業ではないかもしれません。

応募者も自分に合う企業かどうか見極めるうえで、面接官の言動は重要なチェックポイントです。


転職面接NG&OK回答



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示