検索
  • career02

圧迫面接について

面接で転職回数が多いことやブランク期間の長さについて、厳しい指摘(圧迫面接)をされることがありますが、対処法についてかんがえてみます。

厳しい指摘に対していきなり反論せず。「確かにおっしゃるとおりですが、・・・」と述べてから自分の意見を述べてください。

いきなり「そんなことはありません!」と反論すれば、面接の雰囲気が悪くなる可能性があります。

厳しい指摘をするということは、採用を考えていて確認をしておきたいと捉えてください。

指摘をされて、表情や態度を変えると、回答内容は控えめでも印象が悪くなります。

「これが圧迫面接か・・」という気持ちで、ムッとした表情をせず対応することがポイントです。

但し、あまりにも理不尽な指摘をする企業であれば、転職すべき企業でないと考えることもできます。

【圧迫面接の対応策】

・いきなり面接官の指摘を否定せず、肯定したうえで意見を述べる

・表情や態度を変えず、冷静に対応する

・厳しい指摘を受けるということは、採用に傾いていると受け取る

・理不尽な面接であれば、転職すべき企業ではないと考える




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示