検索
  • career02

圧迫面接について

転職面接で、転職回数が多い、すぐに辞めているなど厳しい指摘(圧迫面接)を受けることがありますが、指摘をされてムッとした表情はしないでください。 採用したいからこそ確認しておきたいために、圧迫面接をおこなうことがあります。 圧迫面接では、いきない面接官の指摘を否定せず、「確かにそう思われるかもしれませんが、・・・」とYes、But方式の回答をするといいでしょう。いきなり「そんなことはありません!」と否定をすると、場の雰囲気が悪くなることがあります。 但しあまりにも理不尽な指摘や質問をおこなう場合は、入社そのものを検討したほうがいいかもしれません。 陰湿な質問をおこなう企業であれば、企業体質も陰湿な可能性があります。


0回の閲覧0件のコメント