検索
  • career02

募集条件に合わないとき

転職で募集条件と合わないときの対処方法について、考えてみます。

募集年齢が合わなければ、通常採用は難しいと考えてください。

但し1~2歳程度の違いであれば、職務経歴書やWEB履歴書に即戦力として貢献できることをアピールしたうえで、募集年齢で合致しないことを承知のうえ応募していることを記載して応募してみてください。

経験年数の条件に付いても同様で、求められている職務能力を満たしていることを伝えたうえで判断を仰ぎます。

転職は、他の応募者との相対評価で決まるケースが多いので、該当する応募者がいなければ採用に繋がる可能性があります。

募集要項で記載されている年収と希望年収が合わない場合も、応募者が年収について譲歩しない限り採用は難しいでしょう。

応募企業のキャリアパスを見極めて、昇給、昇格のチャンスについて検討してみてください。


どうしても欲しい人材であれば、希望年収を満たして採用される可能性がありますが、募集条件で合致する企業に応募すべきでしょう。

企業の募集条件を読み取ったうえで、転職活動をおこなってください。

YouTube「転職がうまくいかない3つの要因と解決策」


第二新卒の転職成功ルール




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示