検索
  • career02

何ができるか考える

転職は新卒時の就職と違い、長い、短いを問わず実務経験がアピール材料になります。

企業ごとに求める人材が違いますので、求人情報から求められている人材を読み取ったうえで、これまでの実務経験で関連する経験や職務を積極的にアピールしてください。

やってきたことだけ伝えても、採用担当者は興味を示しません。

やってきたことは、応募企業で実現できることの信憑性を示す材料なのです。

応募企業で何ができるか考えて発揮できる能力をアピールすることが、採用に繋がるために重要なポイントなのです。

未経験の職種でも、求人情報から求められている人材を読み取って、これまでの汎用できるスキルや自己啓発していることを積極的に伝えて、短期間で戦力になる人材であることをアピールしてください。

転職は、受け身の姿勢ではなく、応募企業でできることを積極的に伝えてください。


転職はプレゼン力で決まる




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示