検索
  • career02

ブランク期間について問われたら

転職面接で長期のブランク期間について、問われることがあります。

面接官の質問の意図は、ブランク期間におこなっていたことが業務に支障を与えないか、あるいは長期のブランク期間で職務能力が衰えていないかなどです。

例えば役者になりないなど別のことにチャレンジしていたがうまくいかず方向転換した場合などは、気持ちを切り替えて仕事に打ち込む姿勢を示してください。姿勢が曖昧ですと、本当は役者に未練がありまたチャレンジするのではと受け取ら得ることがあります。

ブランク期間が長いと捉えるかは企業により様々ですが、通常半年以上ある場合は、回答を用意するか予め職務経歴書に記載しておいたほうがいいでしょう。

何もせず時間だけが過ぎてしまうことがありますが、「何もしていませんでした。」では採用に繋がらない可能性があります。

例えば「転職活動と共に、○○について自己啓発をしていました。」など、応募職種に関連する自己啓発を伝えることを考えてみてください。


資格取得のためのブランク期間で取得できていない場合は、「これまえ学んだ知識を生かしながら、今後は仕事に打ち込みます。」等、応募職種で絶対必要な資格でなければ、仕事優先の考え方を伝えてください。

病気や怪我が原因だと伝える場合は、原則として完治し業務に支障を与えないことまで伝えてください。


転職面接NG&OK回答



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示