検索
  • career02

ブランク期間が長いとき

前職を辞めてからブランク期間が長くなると、採用に不利になるケースがあります。 採用担当者が納得できる理由であれば問題ありませんが、ずっと転職活動をおこなっているが決まらないという回答では、採用に繋がらない可能性があります。 病気や怪我で前職を辞めて治療していた場合は、現在完治し業務に支障を与えないことを伝えてください。 半年程度のブランク期間であれば、完治しているならばあえて病気や怪我について伝えず、応募職種で生かせる自己啓発をおこなってきたと伝えることもできます。 今日から自己啓発を始めれば、これから作成する職務経歴書にも記載できます。 採用担当者が欲しいと思えば、ブランク期間はそれほど気になりません。 積極的に応募企業で発揮できる職務能力をアピールしてください。 amazon Kindleから 「転職はプレゼン力で決まる」 「 転職面接NG&OK回答」 「採用に繋がる職務経歴書&履歴書の書き方」を執筆しました。 転職活動中の方にぜひ読んでいただきた書籍です。 kindle unlimitedでしたら、無料で読めます。




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示